シマ_ブログ セッターのお悩み解決します

現役セッターが悩みを抱えているセッターへ発信します!

コロナ禍でもできる!自主練習で差を付けよう

こんにちは シマです!

今回はコロナ禍でも出来る練習についてです。

最近また感染者が増えてきています。
練習無し、時間短縮になる方たちもいると思います。
僕も練習がなくなることも度々あります。

そんな中で人混みに行かずにできる練習を紹介します。

f:id:sima__blog:20210507162034j:image

周りも練習していない中で、コツコツ続けていれば必ず差を付けられます。
逆に、休み中に何もしていなかったら技術は落ちます。

チームの仲間・ライバルに差を付けましょう!

 人混みに行かずにできる練習

ランニング

セッター以外にも体力はとても大事なものです。
1日30~40分程度でも良いので体を動かしましょう。
そろそろ気温も上がってくるので水分補給できるものを持って行うのが良いと思います。
万全を期して念のため僕はマスクを付けて走ってます。(意味があるかは分かりませんが💦)

f:id:sima__blog:20210507162357j:image

ですが、絶対に無理はしないでください。
感染者が多い県、地区にお住みの方は控えてください。
一番に目指すのは今の状況を終える事だと思います。
 決して無理をせずにコロナを乗り切りましょう!

筋トレ

セッターにも必要な筋肉があります。
筋トレは家で場所を取らずにできるので時間があれば取り組みましょう。
以前にもご紹介した内容になりますがいくつかオススメの筋トレを紹介します。

1.手首のトレーニン
家にダンベルがある方はそれを使いましょう。
ダンベルを持って手首を内側、外側に捻っていきます。
手首を痛めない様に軽いものから始めましょう。

器具が無い方でもお風呂に入りながらできます。
水中で手首をブラブラと動かすことでもトレーニングになります。
水中なら水圧がかかるのでしっかり負荷がかかります。

2.体幹のトレーニン
トスを上げる際やネット際のプレーで大事になります。
ネットに掛かって落ちてくるボールの処理は体幹の強さで難易度が変わってきます。
体幹が強ければ低い体制でトスを上げる事も出来ます。

体幹のトレーニングはプランクがオススメです。
うつ伏せで腕、つま先で体を持ち上げキープします。

f:id:sima__blog:20210507162647j:image
僕はこのプランクをやっていますが、プランクは種類が多くあります。
ネットで検索したりして、自分に合うプランクをやってみましょう。

トス練習

以前は広い空間でできる練習方法をご紹介しました。
今回は家での練習なので、狭い空間でもできる練習方法をご紹介します。

1.しゃがんだ状態で直上パス
立った状態での直上パスは膝を使いながらできるのでオススメではあります。
ですが家となると天井などの関係で難しいと思います。

そんな時にオススメなのがしゃがんで直上パスです。
膝が使えず、いつも以上に指、手首を意識できるので良い練習になります。

2.仰向けで直上パス
仰向けになり直上パスをやります。
真上に上げないと自分に返ってこないので、コントロールの練習になります。
慣れてきたら天井に当たらないギリギリに上げる練習をしてみてください。
力加減の感覚を掴むことが出来ます。

まとめ

 以上が家でできるセッターの練習です。

練習が思う様にできないのは、周りの人も一緒です。
そんな中で自主練をしていれば周りより上達できます。

練習できないのは辛いと思います。ですが、
ポジティブに考えれば周りと差を付けるチャンスです。
再開時に周りから驚かれる程に成長しちゃいましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
また次回!

ツーアタックのメリット、危険性を紹介します

こんにちは シマです!

今回はツーアタックについてです。
ツーアタックはチームの雰囲気を上げるプレーです。
逆に、失敗すると流れを切る原因にもなります。

「それなら無理せずにいつも通りプレーしてよう」と思う方もいるかもしれませんが
    身に着ければ強力な武器になります!

そんなツーアタックの良さ・危険性をご紹介します!

 

ツーアタックのメリット

意表をつくことで点が簡単に決まる

セッターの仕事はトスなので基本的に攻撃はしません。
そんな無警戒の状態でいきなりツーで攻撃されたら反応できずに即得点です。

相手が意識していないほど効果は大きいです。
ツーの直前までトスと思わせるのが大事になります。

相手にツーを意識させられる

ツーができるのはセッターが前衛にいる時です。
ということは、前衛にいるスパイカーは2人です。

f:id:sima__blog:20210507164550j:image

攻撃の人数が1人少ないのでブロックが2枚揃う事が多くあると思います。

そんな状況も「ツーアタックがあるかも」と警戒させれば有利に進められます。

ツーアタックの可能性があるだけで相手はすぐに動くことはできません。

ツーは無いと判断できてからブロッカーも動かなくてはならないので初動が遅れます。
初動が遅れてブロックに向かうのでスパイクが決まりやすくなるのです

ツーアタックの危険性

チームの流れを切る可能性

ツーアタックを失敗すると流れを切る原因になります。

ラリー中の味方の集中は高いことでしょう。
せっかく上げたボールをツーでミスをされたら雰囲気は下がる一方です。
せっかくの攻撃チャンスを潰されたら当然です。

そのミスが負けにつながる場合もありえます。
ツーをやるからには確実に決めるようにしましょう。

簡単に止められる

ツーアタックは意表を突けば簡単に決まる反面、読まれたら簡単に止められます。
スパイクの様に勢いをつけて叩くわけではありません。
なのでブロックを弾いたり打ち抜いたりはできません。

f:id:sima__blog:20210507164852j:image

そのため、乱用は厳禁です。
ネットを超えそうなら毎回ツーアタックではダメです。
最初の数回は決まるかもしれませんが回数を重ねるごとに相手は反応してきます。

ツーアタックは無警戒の時にやるからこそ強力な武器になります。
多少返球が高くてもトスにできるよう練習しましょう。

まとめ

以上がツーアタックの良さ・危険性です。

相手がツーを警戒する、しないで得点の可能性は大きく変わります。
ツーアタックを身に着ければ、攻撃の選択肢も増えて得点に貢献できることでしょう。

ツーの危険性も意識して取り入れてみてください。


最後まで読んで頂いてありがとうございます!
また次回!

苦手な人が多い!? ネットを超えそうなボールの処理

こんにちは シマです。

今回はネットを超えそうなボールのトスについてです。
ネットを超える返球が来てダイレクトで叩かれる、チャンスボールで返してしまうという事...ありませんか?
僕もこれにとても悩まされました

そんなときの対処法をご紹介します。
ネット際のプレーができればチームにとってとても頼りになるセッターになれます。
ぜひご覧ください!

f:id:sima__blog:20210505202612j:image

ネット際の処理方法

1.クイックを上げる

ネット際でトスを上げる場合に一番上げやすい攻撃はクイックだと思います。
ネットを超えそうなボールを処理するためには、基本的に跳んでいる筈です。
その勢いのままセンターにクイックを上げましょう。

f:id:sima__blog:20210505200442j:image

ボールの高さによってはジャンプトスをする時よりも高く跳んでトスをする場合もあります。
トスをする位置が変わっても、センターの打点にボールをトスできるように練習しておきましょう。

2.ワンハンドトス

両手ではなく、片手でトスを上げる技術です。
これはいきなりやっても上手くはできません。
基本ドリブルを取られて終わります。

まずはクイックを上げることから練習を始めましょう。
サイドまでトスを上げるのはとても難しいです。
しかし、出来る様になれば攻撃の幅が必ず広がります。

3.ツーアタック

自分が前衛にいる時に限りますが、ツーで相手コートに押し込みましょう。
しかし、守りがいる場所に返したら簡単に取られます。
相手のコートをみて空いている所に落としましょう。

相手コートに体を向けて両手で押し込むと片手よりも勢いが増して得点しやすくなります。

f:id:sima__blog:20210505201606j:image

ただ、多用は厳禁です。
何回もツーで返すと相手に読まれて簡単に止められてしまいます。
多少の高さならトスを上げて攻撃に繋げましょう。

4.リバウンドを取る

リバウンドというのは、相手のブロックにわざと当てて自コートにボールを返し攻撃を仕切り直す技術です。
ブロックが跳んでいる場合のみ使えるので相手コートをよく確認しましょう。

しかし、タイミングがズレると相手ブロックに叩き落されるだけです。
最初のうちは上手くいかないと思います。
試合で使えるまで上達してから取り入れましょう。

まとめ

以上がネットを超えそうなボールの対処方法です。

セッターの人たちは経験が必ずあると思います。
一番良いのは全てAパスで返ってくることですが、そんなことはありません。
セッターをやる以上ネット際の練習は不可欠です。

味方が上げてくれたボールを相手に好き勝手叩き落とされたら嫌ですよね。
苦手なままなら、他のセッターにスタメンを任せた方が断然良いです。
最初は難しいですが、必ず役に立ちます。
練習を続けていきましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
また次回!



 

 

 

 

 

 

試合でスパイカーとトスを合わせる方法

こんにちは シマです!

今回は試合中スパイカーとトスを合わせる方法です。
練習ではどうだって良い訳ではありませんが、練習でトスが合っていても試合でトスが合わなければ意味はありませんし、そもそも試合に出れないと思います。
セッターの技術は試合の勝敗に直結します
試合でトスを合わせるためのポイントをご紹介します!

 スパイカーの状況を頭に入れる

サーブ・スパイクをレシーブした直後、ブロックに弾かれて遠くに飛んだボールをレシーブした場合などはすぐには助走には入れません。

特に強力なサーブやスパイクのレシーブで膝をついたり体勢を崩されたら助走の時間は無いようなものです。

そんな状況の人に普段通りコンビのトスを上げても当然間に合いません。

それでも打ってもらいたいのなら普段より山なりにトスを上げて時間を作ってあげるしかないです。

しかし、その時間でブロックはキッチリ揃って跳んで来ると思います。
そうなるくらいなら、万全の状態でスパイクを打ちに来る人にトスを託した方が得点の可能性は高いです。
スパイカーがどんな状況かしっかり見極めましょう。

1球目によってトスの勢いを変える

試合中は1球目の返球が一定の速さと高さで返ってくるとは限りません。
高さに関しては、スパイカーはセッターがトスを上げるタイミングを計って攻撃に入ってきてくれるとは思いますが、速さに関してはセッターが調整して上げる必要があります。

速さが違うというのは普段の返球よりライナー性の低い弾道で返ってくるという事です。
1球目の返球が速いということはセッターにボールが届くのがいつもより早いということです。スパイクの助走の時間を取らないといけないので、そのままいつも通りの速さでトスを上げてしまってはスパイカーとタイミングが合いません。

トスがスパイカーに届くまでの時間をいつもと合わせるために普段よりふんわりとしたトスを上げたり、体勢を低くしてトスを上げるなどしてトスが届くまでの時間を調整してあげましょう。

スパイカーと話し合う

これは前回の記事の内容と一緒ですが、今あげたトスはどうだったかを聞きましょう。

「そんな時間無い」と感じたりするかもしれませんが端的にでもどうだったかを聞くのが大事です。

スパイカーにとってベストなトスを上げられれば得点のチャンスは少なからず上がります。

サーブを打つまでの時間に少しでも良いので聞くことを意識しましょう。

まとめ

以上が試合でトスを合わせる方法です。

試合中はスパイカーの状況、助走をしっかりとってもらう事を考えてトスを上げるのが大事です。
得点をするのに焦ってしまう事があるかもしれませんが、スパイカーにとってベストなトスを上げる事が一番点を取るのに近づけます。

普段の練習から視野を広くし周りに気を配りながら望みましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
また次回!

 

 

ジャンプトスの練習方法

こんにちは シマです!

今回はジャンプトスの練習方法です。
前回のジャンプトスのやり方でも書きましたが、ジャンプトスをできるようになればネットを超えそうなボールをトスにできるようになりますし、クイックを合わせやすくなります。
多彩な攻撃を組み立てられるように練習しましょう!

 

ジャンプトスをするときに意識すること

1.落下地点に素早く入る

これは前回にも書きましたが、落下地点に入るスピードを速くすればトスの体勢を作りやすくなりますし、味方、相手の状況を確認する余裕もできます。

素早く落下地点に入るのがまだ難しい人は、定位置より1、2歩アタックラインに近づくのがオススメです。

そうすることで、Aパスが返ってきた場合は少し動くだけで定位置にはすぐ戻れますし、乱れた場合でも定位置より手前にいるので落下地点に入るまでが速くなります。

f:id:sima__blog:20210428203528j:image

2.体全体をトスを上げる方向に向ける

Aパスが返ってきた場合は体をネットと平行になるように、乱れた返球をトスする場合は上げる方向に体を向けましょう。
体をトスの方向に向けることで距離感がつかみやすくなりますし、逆にトスの方向に体が向いていないとトスがそもそも上げづらいです。

3.しっかり止まってトスを上げる

ボールの落下地点に入ったらすぐにトスを上げるのではなく一度しっかり止まってからトスを上げましょう。
止まらずにそのままトスを上げると体が流れてしまいます。そうすると、トスも体が流れていく方向に一緒に流れていきます。
どういう事かというと、ネットの方向に体が流れてる場合はトスもネットの方向に流れていき、自陣コート方向に体が流れている場合はトスが割れていきます。
f:id:sima__blog:20210428205132j:image

ジャンプトスの練習方法

1.直上パス

これは前回の通常のトスの練習方法と一緒ですね。
真上にジャンプトスでボールを上げて、それをまたジャンプトスで上げるのを繰り返します。慣れていくにつれて最初の位置から動かずに続けられるようになります。

2.しゃがんで直上パス

しゃがみ方は、野球のキャッチャーのようなものでも膝立ちでもなんでも大丈夫です。
しゃがむことでいつものように膝を使えないので肘、手首を使ってトスを上げる練習になります。

僕もこの練習方法を教えてもらってやりましたが、最初の方はボールがいろんな方向に上がってしまいボールを取りに行くことが多くありました。
普通の直上パスで慣れてからやると良いと思います。

f:id:sima__blog:20210428210044j:image

3.バスケットボールでの練習

バレーのボールより大きくて重いので普通のようにトスを上げても全く飛びません。
膝、肘、手首以外にジャンプの勢いなども使ってトスを上げる練習になります。

ただ、無理に高く上げたり遠い距離にあげたりするのはやめましょう。ボールの重さがバレーのボールと比べてすごく重いのでケガの危険性が大きいです。

壁に向かってトスをして返ってきたらキャッチ→壁に向かってトスという流れで練習するのがオススメです。

まとめ

以上がジャンプトスの練習方法です。
ジャンプトスをすることで、トスを上げる位置が高くなるのでスパイカーにトスが届くのが速くなりますしブロックが揃いきる前に打ってもらえます。
その他に、クイックが合わせやすかったりツーアタックで得点も狙えます。

色々な攻撃を組み立てられるようになれば絶対に試合に出れますし、勝つことだって出来ます。

頑張って習得を目指しましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます!
また次回!

 

 

 

 

 

ジャンプトスのやり方

こんにちは シマです!

今回はジャンプトスのやり方についてです。
プロの試合や高校の試合をみて見ていると大抵のセッターはジャンプトスをしていると思います。
僕はバレーを始めた頃から「カッコいいな」という一心で基本もできてないのに練習してました(笑)あれってカッコよくてやってみたくなりますよね。
しかしジャンプトスはカッコよいだけではなくメリットがたくさんあります。

ジャンプトスを練習中の方、試合で実践できるくらいに上達したい方にはもってこいの内容です

ぜひご覧ください!

 ジャンプトスのメリット

・トスを上げる位置とスパイクの打点が近くなる

ジャンプトスは名前の通りジャンプしてトスを上げます。そうすると自然にトスを上げる時の腕の位置とスパイクの打点が近くなります。近くなることでスパイクを打つタイミングが計りやすくなります。
高い位置からトスを上げるのでスパイカーの打点に合わせるために高く上げる必要がなくなります。

つまり、スパイカーの打点に届く時間が早くなるのでブロックが揃う前にスパイクを打ってもらうことが出来ます

・クイックを合わせやすい
1つ目で紹介した通りジャンプトスをすることでトスを上げる位置が高くなります。クイックはセッターがトスを上げる前にすでに助走からジャンプに移っています。ジャンプトスで高い位置からセンターの打点にトスを「置く」ようなものなのでセンターにとって打ちやすいトスになります。

f:id:sima__blog:20210425191426j:image

・ツーアタックが攻撃の選択肢に増える
これはセッターが前衛にいる場合に限りますが、攻撃の際の選択肢にツーアタックが増えます。

セッターが前衛にいるので残りの前衛のスパイカーは2人になっているので攻撃がある程度予測されている可能性もあります。

そんな中でツーアタックで奇襲を決める事が出来ますし、成功すれば相手にツーアタックを意識させることができます。

ジャンプトスの上げ方

落下地点に素早く入る

これはジャンプトス以外にも言える事ですが、落下地点に早く入ることでトスの姿勢を作れますし、味方・相手コートの様子も見る余裕ができます。

ジャンプトスは跳ぶタイミングが重要になるので落下地点に素早く入るのは必須になります。

f:id:sima__blog:20210425191401j:image

ジャンプするタイミングを計る

ジャンプするタイミングがズレると上手くトスは上がりません。
タイミングが早いと、トスを上げる前に体が落ち始めるので力が逃げてしまいトスが飛びません。
逆に遅いと、飛ばずに上げる時と大してトスを上げる位置が変わらないので意味がありません。
ジャンプの最高到達点付近でボールを処理するようにタイミングを取りましょう。

肘・手首を使ってトスを上げる

通常のトスと違い空中でトスを上げるので、膝を使うことが出来ません。ジャンプの勢いはありますが、肘・手首を使うことが大事になってきます。
肘・手首は通常のトスでも使うので練習していればできるようになります。
手首のトレーニングは前回の記事でご紹介しているのでぜひご覧ください。

f:id:sima__blog:20210425192002j:image

まとめ

以上がジャンプトスの上げ方になります。
ジャンプトスはセッターになれば使う機会は多いと思います。というか高校くらいになればほとんどのセッターはジャンプトスしてますよね。そのくらいジャンプトスがメリットのあるものだという事だと思います。
通常のトスより断然難しいですが、練習していれば必ずできるようになります。諦めずに頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
また次回!

 

セッターに必要な筋肉を付けよう

こんにちは シマです!

今回はセッターに必要な筋肉を付けるためのトレーニングについてです。
スパイクを打つために必要な筋肉があるのと同じく、セッターにとって大事な筋肉もあります。トスが上手く上げられない、飛ばないという方は必要な筋肉が不足している可能性もあります。
筋肉は1日筋トレをやればすぐにつくような物ではありません。でも、コツコツ続けていれば必ず力になりますし、上手くもなります。
家で場所を取らずに今からでも実践できるので是非やってみてください!

 指立て

これは以前の記事でも紹介してますね。
セッターをやっていれば試合中高く上がったボールをトスにする場面は少なくないと思います。その際に指の力が弱いと落下の勢いに負けてドリブルの反則が取られてしまいますので、指の力はつけておきましょう。

やり方

やり方は簡単で、指で体を支えて指立て伏せをやります。
しかし、指に結構な負荷をかけることになるので最初は少ない回数にしたり、膝をついてやってみてください。

手首のトレーニン

 手首を強化して柔軟性を付ければフワッとした優しいトスを上げられるようになります。バックトスをする際にも柔軟性があると上げやすくなります。

やり方

1.ダンベルを使う
ダンベルを持って、手首を内側→外側と繰り返し動かしていきます。
いきなり重さがあるダンベルでやると手首を痛めたりしてしまう事があるので最初は軽いものでやっていきましょう。

f:id:sima__blog:20210422195747j:image

2.水中で手首を動かす
このやり方はダンベルが家にない方や、お風呂に入りながらでもできるのでオススメです。手首を水中に持っていき、中でブラブラと動かすだけです。「そんなことで力が付く?」と思う方もいるかもしれませんが水中は水圧がありますし、しっかり効果があります。お風呂に入るついでにできるのでぜひやってみてください。

体幹のトレーニン

これはトスを上げる時以外にネット際のボールを上手く処理する時にも重要になってきます。2球目を触るポジション、基本的に常にネット際にいるということでネット付近に上がったボールを処理することもセッターならよくあるかと思います。その際に体幹は重要になるのできたえておきましょう。

やり方

1.腹筋・背筋
これは皆さんがよく知る腹筋・背筋で大丈夫です。回数をきめてやっていきましょう。とはいってもやりすぎて体を痛めてはいけません。無理をしない程度にしましょう。

f:id:sima__blog:20210422200018j:image

2.プランク
僕は足を伸ばしうつ伏せになり、腕を肩幅に開いて腕とつま先で1分間体を支えるプランクを回数をきめてやっています。しかし、プランクは世の中に数種類あるので自分にとって1番効果があるものを調べてやってみるのも良いと思います。

f:id:sima__blog:20210422200024j:image

まとめ

以上がセッターにとって必要な筋肉のトレーニング方法になります。ここまでで何回か書いていますが、大事とはいえやりすぎて体を壊しては意味がありません。上手くなるために無理をして結果的にバレーができなくなってしまっては本末転倒です。
焦らず地道にコツコツ続けていきましょう。必ず結果は出ますし、上手くなります!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

また次回!